ニュース
» 2008年10月02日 14時48分 UPDATE

千葉銀行など3行、コールセンターの共同システム基盤を構築へ

日本IBMが、千葉銀行、第四銀行、北國銀行が使うコールセンターのシステム基盤を構築し、電話台数や取引量の増加に対応できる環境を作る。

[ITmedia]

 日本IBMは10月2日、千葉銀行、第四銀行、北國銀行が共同で使うコールセンターのシステム構築を受注したと発表した。10月にシステムの開発に着手し、2009年11月から2010年3月に各銀行で順次稼働させる予定としている。

 同システムは、サーバや電話交換機などのシステム基盤を共用化することでコールセンターの電話台数や取引量の増加に対応できる環境を構築するもの。複数の金融機関でインターネットと音声の統合チャネルを利用できるようにするアウトソーシングサービス「IBMチャネル共同センター・サービス」のシステム基盤を活用する。

 3行の業務機能の共通部分を共同で開発するため、銀行が個々にシステムを開発する場合に比べ、システムの構築や維持に必要なコストを削減できるという。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -