レビュー
» 2008年10月08日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想および物理(非仮想)サーバの混在環境の管理の複雑さ、どう解決する?

グリーンITを実現するサーバ統合のため注目されている仮想化技術。しかし、仮想化導入を検討するに当たって、「仮想サーバと物理(非仮想)サーバの混在環境の管理は複雑」という点に気付いているだろうか(提供:アボセントジャパン)。

[PR/ITmedia]

 仮想化の導入に当たって重要なのは、「あらかじめ導入後の実運用について入念に考えておくべき」ということだ。例えば、電子メールのようにデータの入出力が頻繁に起きるサーバの仮想化は実用的ではなく、全サーバを仮想化する必要はない。その場合、仮想サーバと物理(非仮想)サーバが混在することになり、運用/管理は複雑で面倒になる。アボセントが実施した調査結果によると、44%のIT管理者は「物理サーバが故障した際に、仮想サーバが機能しなくなることが不安」と訴えている。

 アボセントジャパンではそのようなユーザの声から、これまでのITインフラ全体の統合管理ソリューションの実績を生かし、仮想・物理混在環境を一元管理できるソフトウェア「DSView 3」を提供している。ここでは、「仮想化」と「管理」をキーワードにDSView 3の優れた機能についてFAQ形式で紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -