ニュース
» 2008年10月08日 16時21分 UPDATE

SAPジャパン、アプリケーションへのアクセス権限管理の自動化ツールを提供

SAPジャパンは、アクセス管理プロセスを自動化、効率化するツールの新版を同日から提供すると発表した。

[ITmedia]

 SAPジャパンは10月8日、アクセス管理プロセスを自動化、効率化するツールの新版を同日から提供すると発表した。

 提供するのは「SAP GRC Access Control 5.3」。シングルサインオンへの対応や職務分掌リスクの分析機能など計180の機能を追加および強化した。

 「内部統制報告制度」の適用初年度も半ばを過ぎ、企業は内部統制の2年目以降の維持、運用に関心を寄せ始めているという。膨大な数のユーザー、ロール、プロセスについてアクセスと権限の評価、テスト、および修正を定期的、継続的に実施することを考えると、手作業は非効率であるため、自動化へのニーズがあるとしている。

 SAP GRC Access Controlは全社レベルでアクセス管理を自動化し、職務分掌リスクの把握とその軽減、職務分掌リスクを排除したロールの設計、管理、リスクを把握した上でのIDの付与、特権ユーザーIDの適切な管理を実現するツールとして提供しているもの。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -