レビュー
» 2008年10月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:近年、インターネット脅威の種類が変ぼうしている理由&対応策

2006年以降、インターネット脅威はこれまでと違う傾向を見せ始めた。マルウェアが激増し始めた理由は何なのか。インターネット脅威からネットワークやデータを安全に守るには何が必要なのか? (提供:トレンドマイクロ)

[PR/ITmedia]

 2006年以降、インターネット脅威の中でもウイルスやスパイウェアといったマルウェア(悪意のあるプログラム)が劇的に増加している。なぜ近年になってマルウェアが激増しているのか? このホワイトペーパーでは、その原因を探るとともに、トレンドマイクロが提供するSaaSアウトソーシング型のメールセキュリティサービス「InterScan Messaging Hosted Security(以下、IMHS)」を紹介する。IMHSでは、セキュリティ対策の運用はすべてトレンドマイクロのデータセンターで実施されるため、特別なハードウェアもソフトウェアも導入することなく強固なセキュリティ対策を実現できる。

 年々変わりつつあるインターネットに迅速に対応し、フィッシング詐欺などの攻撃から企業ネットワークを守るためにIMHSはどのような機能を搭載しているのか。導入のメリットとは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -