ニュース
» 2008年10月15日 10時00分 UPDATE

ベイテック、Google Apps導入支援サービスを100社まで2カ月間無償で提供

ベイテックシステムズは、Google AppsとGoogle App Engineの導入支援サービスとして、ホームページ管理などの機能の導入をサポートする。

[ITmedia]

 ソフトウェア開発のベイテックシステムズは10月15日、Googleの企業向け統合ソフトウェア「Google Apps」と「Google App Engine」の導入支援サービスを開始すると発表した。同社のカスタマーセンターの職員が、メールやチャット、Webカメラ、「Skype」を用いてサポートする。100社まで合計30時間までの導入サポートと、導入後2カ月の支援を無償で提供するプロジェクトも開始する。

 同サービスでは、ホームページ管理や電子メール機能、カレンダーのグループ共有機能、会議室予約機能、行き先予定表機能など、Google Appsを用いた社内情報システムの機能やテンプレートを提供する。ベイテックの原口豊社長は「企業が独自で運営できる体勢を整えられるようサポートする。部署単位や機能単位で導入した後、全社や全機能導入ができるよう、ノウハウを提供する」とコメントしている。

 Google Appsは、オンライン上で情報を管理するサービス。Googleがサービスをホスティングするため、ユーザーはハードウェア環境を構築したりソフトウェアをダウンロードしたりする必要がない。システムの保守業務が必要ないため、システム管理コストや手間を削減できる。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

Google | 導入支援 | Google Apps | Google App Engine


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -