ニュース
» 2008年10月15日 08時10分 公開

Microsoft、「Office Communications Server 2007 Release 2」を発表

Microsoft OCS 2007が約1年ぶりにアップデート。発売は2月の予定。

[ITmedia]

 米Microsoftは10月14日、ユニファイドコミュニケーション(UC)ソフトウェアの新バージョン「Microsoft Office Communications Server(OCS) 2007 Release 2(R2)」を発表した。現在プライベートβ版を公開中で、2009年2月から販売を開始する予定。

 新バージョンでは、コラボレーション機能を強化。ダイヤルイン音声会議機能、PC、Mac、Linuxでのデスクトップ共有、履歴をXMLフォーマットで保存できるグループチャット機能などを追加した。

 また、企業の受付や秘書が電話の取り次ぎや音声会議の管理をするためのソフトウェアベースのインタフェース、IP電話サービスプロバイダーとの間で直接VoIP通信ができるようにするSIPトランキングのサポート、企業が独自に設定したルールによってかかってきた電話を管理する機能などを追加した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -