レビュー
» 2008年10月16日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ネットワークに焦点を当てたセキュリティ対策ではデータを保護しきれない?

アプリケーションデリバリーの採用が、セキュリティ対策にいかに効果があるかを製品紹介とともに解説する(提供:シトリックス・システムズ・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 企業データの保護が困難になりつつある現状を踏まえ、多くの企業がセキュリティ対策を最優先課題に挙げている。しかし、単にファイアウォールやアンチウイルスソフト、暗号化ツールなどを導入するだけでは安全とはいえない。では、どのようなアプローチを取ればよいのだろうか。

 このホワイトペーパーでは、シトリックス・システムズ・ジャパンが提供するWindowsアプリケーション仮想化ソフト「Citrix XenApp」を紹介する。アプリケーションデリバリー(配信)の実装することで、業務パフォーマンスや生産性を犠牲にすることなく企業のセキュリティを確保し、規制順守の達成を実現する。Citrix XenAppのアプリケーション仮想化の仕組みや管理機能について解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -