レビュー
» 2008年10月16日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:デスクトップ環境を仮想化し、運用管理するためのステップ

デスクトップ環境をどのように仮想化し、運用管理するのか? 全体的な考え方から具体的なアーキテクチャ、運用手順まで、サービスとしての「デスクトップ工場」運営を紹介する(提供:サン・マイクロシステムズ)。

[PR/ITmedia]

 さまざまな世代や種類のデスクトップPCが無秩序に展開され、全社に散在している大企業で、複雑で効果のあがらない運用管理に頭を悩ませている管理者は多い。すべてのアプリケーションがデスクトップPC上で動作する

環境では、業務ソフトウェアのインストールやアップグレードのたびに各マシンをそれぞれ更新しなければならず、アプリケーションの数、種類、バージョンも多岐にわたるため、実態をきちんと把握するのは大変困難である。

 そこで進んでいるのがデスクトップ環境の仮想化だ。デスクトップ環境をまるごと、あるいはアプリケーションの一部を個々のPCから取り除き、データセンターのサーバに集中させることが可能となる。その結果、IT部門は端末に縛られない自由なモバイル環境を社員に提供し、管理を合理化し、情報のセキュリティを確保できるのだ。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -