レビュー
» 2008年10月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Java EE性能チューニングは負荷テストとプロファイラの連携が正解

Java EEシステムの開発におけるパフォーマンステストは、テスト工数が増大する一方で短期開発が定着し、テスト期間の十分な確保は難しい。「負荷テストツール」と「プロファイラ」を連携利用すれば、工数削減と短期開発を両立できる(提供:グレープシティ)。

[PR/ITmedia]

 ビジネススピードの加速を背景として、開発スケジュールは短期化し、同時にシステムの性能要件も厳しくなっている。そこで注目されるのが、負荷テストツールやプロファイラを利用した効率の良いチューニング手法だ。

 本資料では、オープンソースの負荷テストツール「Apache JMeter」とJavaプロファイラを組み合わせることで、Java EEシステムのボトルネックをスピーディに特定する手法を紹介する。

 はじめにアプリケーションサーバ「Apache Tomcat」上で動作するWebアプリケーションを計測し、その結果に沿って2種類のツールの使い分けや注意点を確認する。さらに、負荷テストツールやプロファイラとビルドツール「Jakarta Ant」との連携による、性能/品質テストの自動化を解説。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -