レビュー
» 2008年10月21日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:高レベルなSSL暗号化通信を実現する方法

高レベルのSSL暗号化通信を利用できるか否かは、オンラインセキュリティ対策において大きなポイントとなる。強力なSSL暗号化通信を実現するために必要な要素とは? (提供:日本ベリサイン)

[PR/ITmedia]

 SSL暗号化通信には基本的に2つのレベルがあり、40ビットまたは56ビットの暗号化を低レベル暗号化通信、128ビットまたは256ビットの暗号化を高レベル暗号化通信と考えることができる。

 本ホワイトペーパーでは、低レベル暗号化通信と高レベル暗号化通信の暗号化強度の違いと暗号化強度を決める要素についてまとめている。 暗号レベルやSSLサーバ証明書の違いがオンラインセキュリティリスク回避にどのように影響するのか。分かりやすく簡潔に述べる。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -