レビュー
» 2008年10月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ストレージ管理で実現する「ITのシンプル化」仮想プロビジョニングの概要

膨大な量の情報をいかに有効活用させるか、企業にとっては大きな課題である。課題解決のヒントをストレージ製品の切り口から取り上げ、「情報インフラの全体最適化」の重要性にせまる(提供:デル)。

[PR/ITmedia]

  ストレージ管理者にとって、データセンター内の多様なアプリケーションでどのくらいの容量のストレージが必要とされるのかを予測をすることは困難になっている。一般的に管理者は、予測されるストレージの増大に基づいて容量を割り当てるが、概してストレージ容量について過剰なプロビジョニングが実行されることになる。過剰なプロビジョニングを行うと、コストが上昇するばかりか、電力・冷却・設置面積に関する要件も増大し、容量の使用率は減少していく。

  こういった問題に対応していくために、DELL|EMC CX4シリーズでは、シンLUNテクノロジーを導入している。業界標準のオープンスタンダード技術による「ITのシンプル化」を進め、iSCSI 世界No.1, VMware OEM世界No.1であるデルの最新ストレージ・ソリューションについてリポートする。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ