レビュー
» 2008年10月29日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:月次処理も怖くない! 誰でも使える高速データ処理ソフト

企業が取り扱うデータ量は増加し、バッチ業務などに想定外の時間がかかるようになった。大量のデータを高速に処理するための手段を紹介する(提供:日本電気)。

[PR/ITmedia]

 企業が取り扱うデータ量は指数関数的に上昇している。データ量の増加に伴い、大量データを処理するバッチ業務は想定時間内では終わらなくなってきている。そのため、オンライン業務が開始できずに多大な損害が発生したり、バッチ業務を途中で打ち切らざるをえなくなったりするリスクが出てきている。

 本ホワイトペーパーでは、高速メモリデータ処理技術により、大量データを扱う処理を飛躍的に高速実行できるソフトウェア「InfoFrame DataBooster Lite」「InfoFrame DataBooster」の特徴を、改善事例とともに解説。 さらに、無料トライアル(性能トライアル)についても紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ