ニュース
» 2008年10月29日 12時51分 公開

SRA OSS、Postgres Plusを用いたOracleからのマイグレーションサービスを発表

SRA OSSは、米EnterpriseDBの「Postgres Plus」シリーズのマスターリセラーとなったことを発表した。Postgres Plusを用いたOracleからのマイグレーションサービスを開始する。

[ITmedia]

 SRA OSSは10月29日、米EnterpriseDBの「Postgres Plus」シリーズのマスターリセラーとなったことを発表した。これに関連してOracleからのマイグレーションサービスを開始する。

 EnterpriseDBは、PostgreSQLのサポート/サービスのグローバルプロバイダーとして自社を位置付け、このオープンソースデータベースの上にOracle互換機能を開発してきた。同社のPostgres Plusシリーズは、Oracleデータベース互換機能を持つ「Postgres Plus Advanced Server」とPostgreSQLに使いやすさを増した「Postgres Plus」の2種類のソリューションが用意されている。

 商用データベースからのマイグレーションを数多く手掛けるSRA OSSは、マイグレーション後の運用コストの削減効果が大きいことは示せるものの、マイグレーション自身に掛かるコストが大きく、かつ適用できるシステムが少ないことを懸念。Oracle互換機能を備えるPostgres Plus Advanced Serverをマイグレーションサービスの中で活用することで、マイグレーションコストの削減を狙う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -