レビュー
» 2008年11月04日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Java EEシステムのデータエントリを変える! 〜誤入力防止と操作性向上の鍵〜

Java EEシステムの入力インタフェースの開発手法を見直し、開発工数の削減、適正データによる安定したシステム運用、そしてエンドユーザーの操作性向上の鍵を探る(提供:グレープシティ)。

[PR/ITmedia]

 システムに蓄積され、貴重な資産となる入力データ。一方で、人間の操作には「ゆらぎ」や「間違い」が存在し、不適切な入力データはアプリケーションエラーやシステム障害を引き起こす原因となる。もちろん、開発者はこれらの問題を未然に防ぐためにさまざまな対策を施している。しかし、時としてそのような対処は操作性の低下を招き、バグや開発コスト増大の要因となるケースも多い。

 本ホワイトペーパーでは、Java EEシステムの入力インタフェースの開発手法を見直し、開発工数の削減、適正データによる安定したシステム運用、そしてエンドユーザーの操作性向上の鍵を探る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -