レビュー
» 2008年11月05日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Visual Studio標準のDataGridViewでは物足りない!

Excelに代表されるデータグリッド形式の限界を探り、その弱点を克服するためのデータ閲覧の方法を提案する。1レコード複数行表示で作成する伝票形式の入力フォームが、エンドユーザーの操作性向上の鍵となる(提供:グレープシティ)。

[PR/ITmedia]

 業務アプリケーションの使い勝手を左右するのが、画面表示を中心としたユーザーインタフェースだ。画面設計次第で業務アプリケーションの良しあしが判断されると言っても過言ではない。データを閲覧する場合でも、入力する場合でも、利用者が直観的に理解できるインタフェースであることが求められる。Excelに代表されるデータグリッド形式が一般的に利用されているが、使いにくいと感じたことはないだろうか。

 このホワイトペーパーでは、データ閲覧の代表的なインタフェースであるデータグリッド形式の限界を探り、その弱点を克服するためのデータ閲覧方法を提案する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -