レビュー
» 2008年11月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化を活用すれば、従来のディザスタ・リカバリが抱える課題を克服できる!

限られたITリソースでいかにディザスタ・リカバリに対応するか。この重要な課題に「仮想化環境の活用」という新しい解決法を示す製品が登場した。なぜシンプルなディザスタ・リカバリが可能なのか? 製品紹介とともに、その謎に迫る(提供:デル)。

[PR/ITmedia]

 従来のディザスタ・リカバリ(災害復旧)は、高価で複雑な専用ハードウェアに依存しており、ディザスタ・リカバリシステムは出費がかさむ外部委託のサービスやサポートが必要なことが多かった。そのため企業はコストや管理の複雑性に直面し、多くの場合、アプリケーションレベルないしは部門単位に限ったディザスタ・リカバリを実行している。この課題を克服するにはどうしたらいいのか?

 「Dell EqualLogic PS シリーズ」は、仮想化環境を活用することでこの課題を解決する。同シリーズはVMware Site Recovery Manager(SRM)ソフトウェアと連携。仮想化環境向けにシンプルで費用対効果が大きく、かつ高度に自動化されたディザスタ・リカバリを実現する。このホワイトペーパーでは、iSCSI SANのシェアおよびVMwareのOEM販売ともに世界No.1を誇るデルの最新ストレージソリューションについて説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -