レビュー
» 2008年11月11日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:SANの管理は意外と面倒!? データ管理を簡易化する手段

SANでポイントインタイムのデータスナップショットを作成するプロセスは複雑だ。だが、「Dell EqualLogic PS シリーズ」はある機能を搭載することで、そのプロセスを簡易化。運用負担の掛からないデータ管理を実現する(提供:デル)。

[PR/ITmedia]

 SAN(Storage Area Network)の導入によるメリットは多いが、一方で課題が生まれるのも事実だ。例えば、一般にSAN環境におけるアプリケーションやストレージの管理は別々に行われ、管理する人員は別々に配置されることが多い。しかし、ポイントインタイムのデータスナップショットの作成においては、データの不整合性を防ぐためにアプリケーションおよびストレージシステム間での調整に加え、データ管理や保護タスクの調整を行わなければならない。

 そういった面倒な手間を省き生産性を向上させるため、「Dell EqualLogic PS シリーズ」はAuto-Snapshot Manager(ASM)を搭載した。これにより、IT管理者はアプリケーションレベルで迅速かつ簡単にスナップショット、クローン、レプリカの作成およびリストアを行える。データ管理を簡易化し、業務の混乱を軽減するASMの機能とは?

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -