ニュース
» 2008年11月12日 17時07分 UPDATE

EMC、クラウドストレージ「Atmos」を発表 (1/2)

EMCは「クラウド最適化ストレージ」という新しい市場セグメントを確立するべく、ソフトウェアとサーバを組み合わせた「Atmos」を投入する。

[Chris Preimesberger,eWEEK]
eWEEK

 世界6大IT企業の1社、米EMCは、必ずしもデータストレージ業界のイノベーターとは見られていない。実際に同社の歴史は、革新を見分けて豊富な資金力で手に入れ、市場に投入する抜け目ない企業の歴史だった。

 同社は2003年以来、約40社を買収している。

 だが11月10日、同社はクラウドストレージ開発において、自らが次世代ITクリエイターであることを示した。

 EMCは初のクラウドアプライアンスパッケージ「Atmos」を発表した。これはソフトウェアと業界標準x86サーバを組み合わせたもので、エンタープライズレベルの数ペタバイト級クラウドストレージインフラとなり得る。

 「約2年にわたり開発した」とEMCクラウドコンピューティング部門製品マーケティングディレクター、ジョン・マーティン氏は言う。「当社のグローバルチームが設計し、構築した。完全にEMC社内で開発したものだ」

 Atmosは、増え続ける非構造化データに対処するために作られたと同氏は語る。

 「インターネットには10億を超える楽曲があり、数百億枚の写真が共有されている。ここで言っているのは、容量の小さな着信音から大容量HD(高精細)ビデオファイルまで、この世に存在するあらゆるデータのことだ」(同氏)

 AtmosのターゲットはWeb2.0、インターネット、通信、メディア、エンターテインメント企業となる。同製品は、全世界で情報を集中管理し、自動配信する機能を提供することで、これら企業が情報中心のクラウド型サービス・アプリケーションを安全に構築して、大規模配信できるようにするとマーティン氏は説明する。

       1|2 次のページへ

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -