ニュース
» 2008年11月12日 18時30分 UPDATE

運用環境に合わせてカスタマイズ:ソフトバンクテレコム、SugarCRMで2000人が利用する営業支援システムを構築へ

ソフトバンクテレコムは、営業支援システムにオープンソースのCRMを導入した。独自で機能を拡張しながら運用している。

[ITmedia]

 ソフトバンクテレコムは、営業支援システムにオープンソースのCRM(顧客関係管理)「SugarCRM日本語版」を導入し、5月中旬よりシステムを稼働している。SugarCRMを提供するオープンソースCRMが11月12日に発表した。

 複数の会社が合併してできたソフトバンクテレコムは、個々の会社が企業内システムを保有しており、統一した営業支援システムがなかった。社内で統一した営業支援システムを構築するため、SugarCRMを導入した。ソフトバンクテレコムの情報システム部が導入やカスタマイズ、運用環境の調整を担当し、オープンソースCRMが技術支援を提供した。導入は1カ月で完了し、随時機能拡張を続けている。

 現在すべての営業担当者がPCや携帯電話で、SugarCRMが管理する顧客データを利用している。今後、利用者数は営業部門のバックオフィス担当者も含め約2000人に達する予定という。

過去のニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -