レビュー
» 2008年11月13日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:大手ホスティング事業者からの乗り換えで30%のコストカットを実現!

大手ホスティング事業者からインフォリスクマネージへ乗り換えたことで、ASPアプリケーションの運用コストを30%削減したユーザー企業がいる。担当者が、乗り換えの経緯について詳しく語ってくれた(提供:インフォリスクマネージ)。

[PR/ITmedia]

 人材の採用、育成、活用という人事バリューチェーンの最適化を支援するウィルソン・ラーニング ワールドワイド。

 同社は、採用支援事業でASP型アプリケーション「e2R」を顧客企業に提供している。従来は、大手ホスティング事業者A社のホスティングサービスを利用してe2Rの運用を行っていた。しかし、サービスメニューやユーザー数の増加に伴い、A社のホスティングサービスでは解決できないさまざまな課題に直面するようになった。そこで導入したのが、インフォリスクマネージのマネージドホスティング「Utilityz」だった。

 ウィルソン・ラーニング ワールドワイドは、なぜ大手ホスティング事業者からインフォリスクマネージへの乗り換えを決めたのか。担当者が詳細を語ってくれた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -