レビュー
» 2008年11月14日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:バックアップ容量を最大1/50に縮小できる重複除外(重複排除)技術

現在のバックアップ方法が実際よりはるかに多くの容量を消費していることに気付いているだろうか。バックアップ容量を大幅に削減できる技術「データ重複除外(重複排除)」についてEMCジャパンが解説する(提供:EMCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 従来のバックアップは、定期的なフルバックアップと差分バックアップを併用するのが一般的だった。このやり方では結果的に日々大量の重複したデータを保存することになり、バックアップ時間の長期化やネットワーク帯域の圧迫、予想以上のデータ量増加などコストやリソースの浪費を招いてしまう。この問題を解決する画期的なテクノロジーが「データ重複除外(重複排除)」だ。

 データ重複除外とは、あるデータセットを細分化し、重複しているデータを除外する技術である。データ要素の保存を1回のみで済ませてバックアップを効率化することが目的だが、バックアップ用のストレージ容量を減らせるのも大きなメリットとなる。

 このホワイトペーパーでは、EMCジャパンが提供するストレージ向けデータ重複除外ソフト「EMC Avamar」を紹介するとともに、データ重複除外について詳しく解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -