ニュース
» 2008年11月14日 17時00分 UPDATE

英CanonicalがARM向けに「Ubuntu Desktop」を最適化――ネットブック戦略強化

ネットブックなどモバイル分野での展開を視野に、英ARMと英Canonicalが提携を発表した。両社はUbuntu DesktopをARMv7アーキテクチャ向けに最適化していく。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 英ARMと英Canonicalは英国時間の11月13日、CanonicalのLinuxディストリビューション「Ubuntu Desktop」をARMv7アーキテクチャ向けに最適化することで提携したと発表した。これにより、成長市場であるネットブックなどモバイル分野を狙う。

 この提携の下、Canonicalはデスクトップ向けのUbuntu Linuxを、ARMv7アーキテクチャ向けにポーティングする。ハードウェアとソフトウェアを一体化することで、迅速に実装できるプラットフォームをメーカーに提供する。メーカーはまた、ARMの省電力技術を活用し、バッテリー持続時間を犠牲にすることなく、リッチかつ常時接続のモバイルコンピューティング端末を製造できるとしている。

 ARMv7アーキテクチャを採用したプロセッサには「ARM Cortex-A8」「ARM Cortex-A9」などがあり、小型端末やSoCなどに用いられている。

 ARM向けに最適化したUbuntuは2009年4月に登場する予定だ。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -