レビュー
» 2008年11月18日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:ストレージの無駄遣いを大幅に削減できる「シンプロビジョニング」を徹底解説

シンプロビジョニングを活用すればストレージの容量の使用率を向上でき、管理を合理化できる。EMCジャパンが提供するシンプロビジョニングのアーキテクチャと優位性について解説する(提供:EMCジャパン)。

[PR/ITmedia]

 シンプロビジョニング(EMCでは仮想プロビジョニングと呼んでいる)を利用すると、データ容量使用率の向上、ストレージ管理の合理化、アプリケーションダウンタイムの短縮が可能となり、ストレージに掛かるコストを削減できる。なぜか?

 「EMC CLARiX CX4シリーズ」で実装しているシンプロビジョニングは、CLARiXの仮想LUN(Logical Unit Number)機能を基盤とする技術が採用されており、既存のCLARiX管理/レプリケーションソフトウェアとのシームレスな統合が可能だ。

 このホワイトペーパーでは、CLARiX仮想プロビジョニングと一般的なシンプロビジョニングの違いを明らかにし、CLARiXが持つメリットを示す。なぜダウンタイムを発生させずに最適な情報インフラストラクチャを構築できるのか。ストレージ管理で課題を抱えている方向けに解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -