ニュース
» 2008年11月19日 15時05分 UPDATE

「移行にふさわしい時期」と:社員あてに退任理由のメッセージ、Yahoo!のヤンCEO

「今こそ、Yahoo!を次のレベルに引き上げられる新しいCEOへと移行するのにふさわしい時期だ」とヤン氏は社員に向けて語っている。

[eWEEK Staff,eWEEK]
eWEEK

 米Yahoo!のCEOで共同創設者のジェリー・ヤン氏は11月17日、CEOを退任すると発表した。何カ月もの間にわたって株主や従業員、(不調に終わったが)敵対的買収を仕掛けたMicrosoftから受けた過酷な圧力による結果だった。

 Microsoftとの合併が成立しなかったことで批判を受けてきた同氏は、Yahoo!従業員にあてた電子メールで、新CEOが任命され次第、元の役職「Chief Yahoo!」に戻ると伝えている。

 以下にそのメールを掲載する。

Yahoo!の皆さんへ

ジェリーより

件名:最新情報

 本日われわれが発表したニュースについて、皆さんにお知らせしたい。取締役会とわたしは、Yahoo! CEOのポストの引き継ぎプロセスを始めることで合意した。会長のロイ・ボストックが候補探しと評価を主導しており、全取締役で候補を検討する。取締役会は社内外の候補を評価する予定だ。この作業はHeidrick & Struggles(国際的な幹部紹介会社)に手伝ってもらっている。

 わたしも後継者探しに参加し、新しいCEOが選ばれるまではCEOの仕事を続ける。後継者が任命されたら、前の役職Chief Yahoo!に戻る。取締役も続ける。

 昨年6月、わたしは急速に変化するユーザーとパートナーのニーズをもっと効果的に満たすために全社を再編するべく、“CEOに就いてほしい”という取締役会の要求を受け入れた。CEOになったときから、引き継ぎのタイミングについて取締役会と話をしてきた。主に皆さんの精力的な働きのおかげで、われわれはよりオープンで競争力のあるYahoo!を作り上げた。今こそ、Yahoo!を次のレベルに引き上げられる新しいCEOへと移行するのにふさわしい時期だと確信している。

 われわれが直面する外部環境にもかかわらず、Yahoo!がほかにない企業であり、多くの点で18カ月前よりも強くなっているという事実に変わりはない。ここまで到達した進歩をできる限り効果的に活用する機会を生かすことがいっそう不可欠になる。プラットフォームを変革し、コストと売上高を調整したことで、次のミッションクリティカルな決定を引き継ぐのにふさわしいCEOにとって、当社にはまたとないチャンスがあると強く確信している。

 わたしがYahoo!のために常に懸命に働いてきたこと、今後もそれを続けることは皆さんも分かっているだろう。わたしは常に、この素晴らしい会社にふさわしいと思ったことをしていく。今回の件はわれわれにとっての調整となるだろう。わたしはそれが正しいことだと分かっている。取締役会に何らかの進展があればすぐに新情報をお知らせする。今後もYahoo!がポテンシャルをフルに発揮できるよう、できることは何でもやっていくつもりだ。

ありがとう

ジェリー

関連キーワード

Yahoo! | CEO | ジェリー・ヤン | 辞任・退任


原文へのリンク

Editorial items that were originally published in the U.S. Edition of “eWEEK” are the copyrighted property of Ziff Davis Enterprise Inc. Copyright (c) 2011. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -