ニュース
» 2008年11月21日 17時32分 UPDATE

Symantec Vision 2008:情報管理の見直しでコスト削減を――シマンテック

シマンテックが年次イベントを開催し、基調講演では企業内に散在する情報資産の保護とコスト削減につながるという同社の取り組みを紹介した。

[國谷武史,ITmedia]

 シマンテックは11月21日、ユーザー向け年次イベント「Symantec Vision 2008」を都内で開催した。基調講演では、米シマンテック戦略担当最高責任者のグレッグ・ヒューズ氏とシマンテックの加賀山進社長が、企業の情報管理を効率化する同社の製品を紹介した。

sytecvson01.jpg ヒューズ氏

 冒頭、ヒューズ氏は企業における情報資産の変化と運用管理の課題について触れ、企業内の情報量が2年間に2倍のペースで増加する一方、管理に対する業務の負担やコストが増加していると指摘。「情報資産を取り巻く環境では、スパムやマルウェアなど利用した企業外からのシステムへの攻撃のほか、情報漏えいやSaaS(サービスとしてのソフトウェア)利用における重要情報の適切な管理など、さまざまなテーマが浮上している」(ヒューズ氏)

 ヒューズ氏は、企業の内外で情報を効率的に利用したいという組織のニーズや、情報資産を標的にしたサイバー攻撃などへの対処など、これらの課題へ抜本的に取り組むために情報主導型のシステム構築が求められると語った。

 同氏はまた、情報主導型のシステム環境を実現する上で、「情報資産の分類」「ディスクバックアップへの対応」「IT統制の強化」「コンシューマー化するITサービスへの対応」の4つのテーマが存在すると話した。具体的には、重要資産の場所と所有者の特定、ディスクシステムを利用した効率的なバックアップ/リカバリ、リスク管理およびコンプライアンス対応での監査の自動化、「ITに理解がある」と自負する若手従業員の台頭だという。

 「情報資産の実情を把握し、自動化されたプロセスや全社統一のポリシーによって適切に管理する。モバイルデバイスを含めた“エンドポイント”(現場社員の業務環境)全般を保護する仕組みを構築しなければならない」(ヒューズ氏)

 シマンテックでは、これらのテーマに対応するソリューションとして、Veritas製品群による仮想化環境や高可用性運用に対応したデータバックソリューション、2007年に買収したAltirisのシステム管理技術を活用したエンドポイントでのデータ保護を主軸に展開していくとしている。

コスト削減の実例

 加賀山氏は、経済情勢の悪化に伴うIT関連コストの削減が企業の最大の関心事であるとし、「バックアップ」「データの重複排除」「システム管理の効率化」「スパム対策」の4点について、ユーザー企業の実例を交えながら製品を紹介した。

sytecvson02.jpg 加賀山氏

 ユーザーケースでは、複数システムのバックアップを統合管理する「Backup Exec」の利用によって米Salesforce.comでは、1けた金額が小さくなるほどのコスト削減をした。データの重複排除では、重複排除製品「PureDisk」を利用する米Union Bank of Californiaで、支店によってはデータサイズを7Gバイトから7Mバイトに縮小でき、業務プロセスの自動化で1日当たり20〜30分のバックアップ作業時間が短縮されたケースがあった。

 システム管理のケースでは、Veritas製品群を利用した韓国の新韓銀行でシステム管理コストを年間200万ドル、ストレージ運用コストを同360万ドルそれぞれ削減した。スパム対策のケースでは、GMOホスティング&サービスがアンチスパム/ウイルスを導入したことで、ストレージシステムを増設することなく電子メールの増加に対応しているという。

 このほか、加賀山氏はレガシーアプリケーションをネットワークで配信できるようにする新ソリューションや顧客対応の強化策についても紹介した。

 「IT分野で顧客満足度が最も高い企業となる。顧客にとって高品質なサービスで付き合いやすい存在をさらに目指したい」(加賀山氏)と締めくくった。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -