進化するホスティングソリューション:リソース管理の合理性を追求するユーザーニーズに応える

柔軟で堅牢、限りなく無停止に近いサービス――。ホスティングサービスに求められるユーザーのニーズは非常にハイレベルだ。それだけこのソリューションが企業ユーザーの間で定着したものになった証拠ともいえる。この要求に低コストという価値をさらに加えて、「フレキシブルなIT活用」を提供する事業者が登場している。


先進事業者の台頭でユーザーの選択肢広がる

 2000年ころから、事業者、ユーザーともに急増したホスティングサービスは、いま、新たな局面を迎えている。これまでの運用実績と技術的なノウハウの蓄積を基に、よりきめ細かなリソース管理を可能にする新サービスが登場しているのだ。

 こうした現象の背景には、きめ細かなリソース管理によって、より効率的なビジネス展開を実現したいというユーザーのニーズがある。ハードウェアの性能についてもより高いレベルのものを求めるが、単純なスペック競争には自分たちの実現したいサービスは存在しない、ということをユーザーはすでに承知している。

 例えば、サイトを新規に立ち上げる場合も、これまでは、短時間に急激なアクセス増があってもビジネスがストップしないよう、予想量の数倍ものリソースをあらかじめ用意しておくケースが後を絶たなかった。また、急激なアクセス増などの心配はないが、簡単に止めることのできないサイトを運営しており、万一に備えて冗長構成を取りたいがコスト負担を考えるとなかなか踏み切れないと悩むユーザーもいた。

 いずれも従来のホスティングサービスを活用していく中で、なかなか解決できない問題を抱えていたユーザーというわけだ。クリティカルなビジネステーマに関連するサービスも、ホスティングサービスの中で展開するケースが増加している。止められないビジネスやサービスだからこそ、ホスティングに情報インフラやその運用をアウトソースするという発想は多くのユーザーに定着している。

 このように合理的な判断をしながらも、新たな課題を抱えていたユーザーのニーズに応えるために、事業者が展開するサービスにも進化が起こっている。

 最初は最小限のリソースを設定し、その後の変更はあらかじめ決めていたルールに従って、事業者がサービスのストップ時間を極力抑える形で、リソース管理を進めていくサービスが登場している。また、障害が起こった場合でも、迅速にリソースを振り替えてサービスを継続できるというサービスも各事業者が続々と登場している。ハードウェアの切り替えなどで、どうしても数時間サービスをストップさせるケースが多かったが、その停止時間を数分程度に縮めるというものだ。

 こうした新しいサービスには仮想化技術や高度なディスク管理技術が活用されており、技術の進展を早くからキャッチし、自社のビジネスに運用する実力を備えた事業者が台頭してきている。

 これまで抱えていた課題を解決できるサービスが登場しても、ユーザーにとって気になるのは利用コストである。この点も価格の設定はさまざまだが、サービスを新設してもその運用コストは抑えて、低価格での提供を実現させているケースが多い。ただ、その背景には、今後新設したサービスが多くのユーザーに歓迎されるはずだという見通しがあると考えられる。

 柔軟なリソース運用が実現できれば、それだけビジネスの立ち上げやIT管理コストの低減に大きな効果をもたらす。「どんなにアクセスが来ても大丈夫」「障害が起こってもほとんど止まらない」そんなIT運用を実現させるには、これまでは巨額の投資が前提となっていた。しかしいまや最先端のホスティングサービスのメニューは、ユーザーにとってより幅広い選択肢を提供する時代になったといえる。

ソリューションFLASH Pick UP!

柔軟な運用を可能にする「マネージド2000/4000」「カスタム2000/4000」

「ビジネスの成長は予測不可能。Webビジネスはフレキシブルにリソースをコントロールしたい」。そんなユーザーが注目するサーバサービスが登場した。@YMCが提供する、「マネージド2000/4000」と「カスタム2000/4000」がそれだ。ディスク管理機能「LVM」をフル活用し、柔軟な運用を可能にした。


クラウドホスティング「AT-LINKパワーフレックス」

急激なアクセス増などに伴うハードウェアやネットワークなどの負荷の変化に、柔軟に対応できるホスティングサービスが誕生した。リンクが提供する「AT-LINKパワーフレックス」がそれだ。このサービスは仮想化技術とこれまで培った運用実績を活用し、「専用サーバ」を超える障害耐性を持ち、かつ“リソース・オン・デマンドな”サービスを低価格で実現している。




提供:株式会社アット・ワイエムシー、株式会社リンク
企画:アイティメディア営業本部/制作:ITmedia エンタープライズ編集部/掲載内容有効期限:2008年1月26日

ソリューションFLASH Pick UP!

柔軟な運用を可能にする「マネージド2000/4000」「カスタム2000/4000」
アット・ワイエムシー

「ビジネスの成長は予測不可能。Webビジネスはフレキシブルにリソースをコントロールしたい」。そんなユーザーが注目するサーバサービスが登場した。@YMCが提供する、「マネージド2000/4000」と「カスタム2000/4000」がそれだ。ディスク管理機能「LVM」をフル活用し、柔軟な運用を可能にした。

クラウドホスティング「AT-LINKパワーフレックス」
リンク

急激なアクセス増などに伴うハードウェアやネットワークなどの負荷の変化に、柔軟に対応できるホスティングサービスが誕生した。リンクが提供する「AT-LINKパワーフレックス」がそれだ。このサービスは仮想化技術とこれまで培った運用実績を活用し、「専用サーバ」を超える障害耐性を持ち、かつ“リソース・オン・デマンドな”サービスを低価格で実現している。

ホワイトペーパーダウンロード

仮想化技術を活用した「クラウドホスティング」のメリット
専用ホスティングの市場をリードしてきたリンクが 2008年 11月に提供を開始した「クラウドホスティング」は、リソース追加の柔軟性と高い障害耐性を兼ね備えたサービスである。