連載
» 2008年12月03日 08時00分 公開

スーパーユーザーのためのWindowsコマンド再入門:verify――ファイル書き込み時に照合するかどうかを指定

GUI全盛の時代にあっても、コマンドラインが利用できれば便利な場面が多いのも事実だ。本連載では、スーパーユーザーを目指すあなたのためにWindowsのコマンドラインを1つずつ解説していく。今回はverifyだ。

[嶋川裕馬,ITmedia]

verify――ファイル書き込み時に照合するかどうかを指定

UNIX/Linuxでは「なし」

 ファイルのコピー時など、コピーしたファイルがオリジナルと同一かの照合を行うかどうかを設定する。以後、すべてのファイル操作に、その設定が適用される。このコマンドは、MS-DOS全盛のころ、ディスクの信頼性、特にFDDへの書き込みを確実にするために用いられたもの。

オプション 使用例 詳細
on verify on コピー時などに、必ずファイルの照合をするように設定する
off verify off コピー時などに、ファイルの照合をしないように設定する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -