レビュー
» 2008年12月05日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:データベースサーバに障害が起こっても自動で回避! HAクラスタ活用術

データベースサーバが止まった場合、業務を続けられる仕組みは整っているだろうか。高可用性(HA)クラスタソフトによるデータベースサーバを止めない工夫を紹介しよう(提供:日本電気)。

[PR/ITmedia]

 企業の業務遂行において重要なポジションに位置するデータベースシステム。万が一、障害が発生しデータベースシステムがダウンすると業務の継続は困難になり、ビジネス機会を大きく損失する。また、近年は障害対策だけでなく災害・テロ対策も重要視されており、あらゆるシステムトラブルを想定した、高可用性/信頼性に優れたシステム構築が求められている。

 このような状況を踏まえ、NECが提供する高可用性(HA)クラスタソフト「CLUSTERPRO X」はデータベースサーバを冗長化し、異常を検知すると自動的に障害を回避する機能を搭載した。このホワイトペーパーでは、HAクラスタリングについて解説するとともに、CLUSTERPRO Xが実現するデータベースサーバのクラスタリング方法と障害回避策について説明する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -