ニュース
» 2008年12月05日 10時43分 公開

ソリトン、管理業務を迅速化するID統合管理の新製品

ソリトンシステムズは、ユーザーIDの登録や変更処理などを迅速にしたID統合管理製品システムの最新版「ID Admin v7.2」を発売した。

[ITmedia]

 ソリトンシステムズは12月5日、ID統合管理製品システムの最新版「ID Admin v7.2」を発売した。システムに散在するユーザーIDの管理業務を迅速化する機能を採用した。

 ID Adminは、Active DirectoryやLDAPなどに複数のユーザーID管理基盤に散在する情報を自動的に一括処理するソフトウェア。ユーザーIDごとに管理対象システムに応じたアクセス権を付与できる。

 最新版では、複数の管理対象システムにおけるユーザーIDの登録や変更、削除の処理を高速化したほか、管理業務の負担軽減を目的に管理者の委任・分散機能を搭載した。また、NTTデータイントラマートの統合型フレームワーク「intra-mart」のデータベースとほかの社内システムのユーザーIDを一元管理できるようにした。

 価格は、100ユーザーライセンスの場合が50万円から、intra-martと連携するための拡張プラグインが72万円。初年度に8万ライセンスの販売を見込む。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -