ニュース
» 2008年12月05日 16時54分 UPDATE

米Sun、RIAプラットフォーム「JavaFX 1.0」をリリース

動画への対応を強化したJavaFX 1.0の正式版がリリースされた。2009年前半にモバイルにも対応予定。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Sun Microsystemsは米国時間の12月4日、Javaベースのリッチインターネットアプリケーション(RIA)ソフトウェアプラットフォーム「JavaFX 1.0」を発表した。デスクトップとWebブラウザ向けのアプリケーションを開発できる。

 正式版では、動画への対応を強化し、新コンポーネント「JavaFX Video Support」が加わった。米On2 Technologiesのビデオコーデック技術を採用、クロスプラットフォームに対応した包括的なビデオ機能を提供するという。

 このほか「JavaFX Development Environment」「JavaFX Production Suite」「JavaFX Desktop」の3コンポーネントがある。JavaFX Development Environmentは、「NetBeans IDE 6.5」、コンパイラ、ランタイムツール、グラフィックスなどを含む開発環境で、NetBeansEclips向けのプラグイン、携帯端末向けのJavaFXエミュレータも提供するという。

 JavaFX Production Suite(開発コード名「Project Nile」)は、Webデザイナー向けのツールやプラグインを含む。Adobe Photoshopなどで作成したコンテンツを容易にJavaFXアプリケーションに組み込める。デザイナーと開発者のコラボレーションや作業を効率化できるという。

 JavaFX Desktopは、「Java Platform Standard Edition 6 Update 10」の機能を利用し、アプレットをWebブラウザからデスクトップにドラッグしてインストールする機能などを提供する。

 SunはJavaFXで、デスクトップ、モバイル、STBなど幅広く対応していく戦略で、モバイル対応は2009年前半としている。

編集者の一言

MicrosoftのSilverlightやAdobeのAIRと比べると、ようやく登場といった感じのJavaFXですが、RIAの市場はまだこれからといった具合なので、この遅れはとりたてて問題になることはないとみられます。むしろ、ほかの2つのRIAのように、宣言的な用途とプログラム的な用途で言語を使い分けなくて済むJavaFX Scriptの特徴がこれから注目を集めるかもしれません。

tn_photo.jpg

西尾泰三

from DevIT

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -