ニュース
» 2008年12月09日 08時00分 UPDATE

2009年1月に提供:B-EN-G、原価管理アプリケーションをSaaSで提供

東洋ビジネスエンジニアリングは、標準原価の見積もりや原価の計算、データの分析などができるサービスを、2009年1月に提供すると発表した。

[ITmedia]

 東洋ビジネスエンジニアリング(B-EN-G)は12月8日、標準原価の見積もりや原価の計算、データの分析などができるサービスを、2009年1月に提供すると発表した。

 提供するのはSaaS(サービスとしてのソフトウェア)型生産管理アプリケーションに、導入支援などのコンサルティングサービスを加えた「MCFrame online 原価管理」。これは同社の製造業向けERPパッケージ「MCFrame」の原価管理機能を切り出したもの。標準/実際/実績/予算原価の計算機能を軸に、費用配賦機能や見積もりのシミュレーション機能、ビジネスインテリジェンスツールによる直感的なデータ分析機能も備える。

 他社のパッケージ製品や自社開発で構築した生産管理システムとも連携する。既存システムのデータをCSV形式で連携するだけでいい。

 月額12万円から。2ユーザーからの契約となる。導入時には登録手数料として10万円が別途掛かる。導入前の診断や導入支援をするサービスも提供する。3年で100社への導入を目指す。

過去のニュース一覧はこちら

関連キーワード

運用管理 | ERP | 経営 | SaaS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -