ニュース
» 2008年12月15日 17時25分 UPDATE

64ビットサポートが加わった「MacFUSE 2.0」がリリース

Googleは、Mac OS XのFUSE、「MacFUSE 2.0」を公開した。Xcodeのプロジェクトテンプレートを導入し、DTraceのサポートも強化した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Googleは米国時間の12月9日、Mac OS X向けの「FUSE(Filesystem in Userspace)」の最新版「MacFUSE 2.0」をリリースした。64ビットと次期版OS「Snow Leopard」のサポートなどが追加された。Google Codeでダウンロードできる。

 FUSEは、ユーザー空間ファイルシステム・フレームワークを開発するプログラム。MacFUSEはMac OS X向けのバージョンで、Mac OS X 10.4以降に対応し、カーネル拡張、ユーザースペースライブラリ、ツールで構成される。MacFUSEにより、ユーザーはサードパーティのファイルシステムを利用でき、開発者はSDK(Software Development Kit)とAPI(Application Program Interface)を利用してMac OS X向けのファイルシステムプラグインを容易に開発できる。

 最新版は、64ビットとSnow Leopardの実験的サポートのほか、最新情報の入手、インストールの管理ができる「MacFUSE Preference Pane」も加わった。Xcodeのプロジェクトテンプレートを導入、DTraceのサポートも強化されている。

 最新版は修正BSDライセンスの下で公開されている。

関連キーワード

Mac | 64ビット | Google | ファイルシステム


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -