ニュース
» 2008年12月15日 17時40分 UPDATE

米Sun、64ビットブラウザに対応する「Java SE 6 Update 12」EA版を公開

Sunは、64ビットブラウザ、Windows Server 2008に対応する「Java SE 6 Update 12」を発表した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Sun Microsystemsは米国時間の12月12日、「Java SE 6 Update 12」のアーリーアクセス版(6u12ea)をリリースした。64ビットブラウザプラグインのサポートなどが加わった強化版となる。同社の開発者向けWebサイトでダウンロードできる。

 最新版では、Java Plug-inで64ビットブラウザをサポートしたほか、米Microsoftの「Windows Server 2008」にも対応した。この2つは、開発者コミュニティーから多く要望が寄せられていた機能という。

 プラグインでは、「Firefox」はSolaris向けの64ビット版を提供していないことから、64ビット対応はLinuxとWindowsのみ。また、32ビットと64ビットの両方のブラウザを利用する場合は、32ビットと64ビットのJava 2 Runtime Environment, Standard Edition(JRE)が必要となる。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -