レビュー
» 2008年12月17日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:Hyper-V仮想化環境の可用性を高めるベストプラクティスとは?

Hyper-V仮想化環境の可用性を高めるには、Windows Server 2008フェイルオーバークラスタリングと組み合わせて運用する必要がある。そのための推奨システム構成や、ベストプラクティスを紹介する(提供:デル)。

[PR/ITmedia]

 企業システムで本格的にHyper-Vを運用する際には、Windows Server 2008フェイルオーバークラスタリング環境下で仮想マシンの可用性を確保する必要がある。では、具体的にはどのようなハードウェア/ソフトウェア構成を採ればいいのだろうか?

 本ホワイトペーパーでは、2008年12月11日に開催された「@IT 仮想化ソリューションセミナー」にて、「Hyper-V高可用性環境の実装方法と推奨構成のご紹介」と題して行われた講演の資料を紹介する。計画停止時に用いる「Quick Migration」機能も含めた、Hyper-V環境に導入可能なHA(高可用性)オプションを各種提示するとともに、デルのハードウェアを使用したHyper-V高可用性環境の推奨構成やベストプラクティスについて解説する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1100点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -