ニュース
» 2008年12月17日 18時16分 UPDATE

米Microsoft、OfficeでのODFサポートに関する情報を無料公開

米Microsoftは、Office SP2でODF対応がどのように実装されているかなどの情報を公開した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Microsoftは米国時間の12月16日、自社オフィススイート「Microsoft Office 2007」における「OASIS Open Document Format(ODF)」のサポートに関する実装情報を公開した。同社の相互運用性のためのWebサイト、Document Interoperability Initiative(DII)で入手できる。

 Microsoftは5月、Office 2007のService Pack 2(SP2)でODF、PDF、XPS(XML Paper Specification)をサポートすることを明らかにしていた。ODFは、ライバルの米IBMやOpenOffice.orgなどが支持する仕様。現在SP2はβ版で、正式リリースは2009年前半の予定だ。

 今回Microsoftが公開した情報は、Office SP2でODF対応がどのように実装されているのかに関するもの。ファイルに追加されているアプリケーション特有の情報などを公開することで、開発者はOfficeと相互運用性のあるソリューションを開発できるという。

 Microsoftはまた、自社オフィスフォーマットの「Open XML(Ecma 376 Edition 1)」についても、数週間以内に実装情報を公開するとしている。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -