ニュース
» 2008年12月18日 17時59分 公開

米Sun、3Dグラフィックに対応した「xVM VirtualBox」最新版

米Sunは、グラフィックスやネットワークパフォーマンスなどを強化した、デスクトップ仮想化技術の最新版を発表した。「Google Earth」などのOpenGL対応アプリケーションを動かせる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Sun Microsystemsは米国時間の12月17日、オープンソースのデスクトップ仮想化技術の最新版「Sun xVM VirtualBox 2.1」を発表した。無償版は同社Webサイトでダウンロードできる。

 最新版は、グラフィックス、ネットワークパフォーマンス、ハードウェアプラットフォームサポートなどが主な強化点となる。

 グラフィックスでは「Open Graphics Library(OpenGL)」向けのAPIを採用し、3Dグラフィックアクセラレーションに対応した。「Google Earth」などOpenGL対応アプリケーションをスムーズに動かせるという。

 ネットワークパフォーマンスでは、動画などのリッチメディアへの対応を強化した。WindowsとLinux上のブリッジネットワーク設定により、仮想マシンで動くサーバアプリケーションを実装しやすくした。LAMPやSAMPなどのWebスタックを容易に実装できるという。ハードウェアでは、米Intelの「Intel Core i7」(開発コード名『Nehalem』)の新しいマイクロアーキテクチャのサポート、32ビットホストプラットフォームにおける64ビットゲストOSのサポート、Intelの仮想化技術「Intel VT-x」でのホストOSとしてのMac OS Xのサポートなどが強化された。

 このほか、iSCSI(Internet Small Computer System Interface)をビルトインでサポート、米VMwareと米Microsoftの各仮想フォーマットのサポートも強化した。

 xVM VirtualBoxは、無償版のOpen Source Editionほか、24時間365日サポート付きの有償版「Enterprise Edition」も提供される。Enterprise Editionの価格は、1ユーザー年間30ドルから。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -