ニュース
» 2009年01月09日 05時00分 UPDATE

混在環境に対応:セキュアヴェイル、IBM DB2対応の統合ログ管理システムを発売

セキュアヴェイルは、DB2の監査ログに対応した統合ログ管理システムの最新版「LogStare Tetra」を発売する。

[ITmedia]

 ログ分析サービスのセキュアヴェイルは、IBM DB2の監査ログに対応した統合ログ管理システムの最新版「LogStare Tetra」を2月2日に発売する。

 新製品は、20種類以上の標準リポーティング機能やカスタマイズ機能を搭載するほか、ドリルダウン式のログ分析、特定の設定条件に基づくログ分析、ポリシー違反を通知するログ監視機能を搭載する。

 従来版ではOracle製品の監査ログやインサイトテクノロジーの「PISO」が生成するログを対象にしていたが、DB2への対応で混在環境でも運用できるようになるという。価格は98万円(税別)から。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

DB2 | 統合ログ管理


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -