レビュー
» 2009年01月19日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:仮想化技術の「落とし穴」をWAN高速化装置でカバー、さらなるコスト削減を

仮想化によるサーバ統合のコスト削減メリットは大きいが、一方でWAN経由のデータ通信量増加によるアプリケーション性能の劣化が懸念される。WAN高速化装置は、そうした課題の解決に極めて有効である(提供:リバーベッドテクノロジー)。

[PR/ITmedia]

 仮想化によるサーバ統合は大きなコスト削減効果を期待できるが、一方で分散型モデルから集中型モデルへ移行することによるデメリットも存在する。WAN経由のデータ通信量が増え、アプリケーションの性能が低下してしまう可能性があるのだ。

 そこで、仮想化環境にWAN高速化装置を導入することにより、こうしたデメリットを解消するとともに、さらなるコスト削減を図ることができる。本ホワイトペーパーでは、2008年12月11日に開催された「@IT 仮想化ソリューションセミナー」の講演「仮想化の“デメリット”をWDSで回避しIT統合のコスト削減を確実に」の内容を基に、こうしたソリューションについて詳しく紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ