ニュース
» 2009年01月20日 14時34分 公開

Lotusphere 2009 Orlando Report:マイクロブロギングやWikiを追加、Quickrとの連携も強化されたLotus Connections 2.5

1月19日、フロリダ州オーランドの「Lotusphere 2009」カンファレンスで、IBMは同社のソーシャルソフトウェアスイートである「Lotus Connections」の次期バージョンをプレビューした。

[浅井英二,ITmedia]
2007年のLotus Connections発表時からソーシャルソフトウェアを担当するジェフ・シック副社長

 米国時間の1月19日、フロリダ州オーランドのウォルトディズニーワールドで開幕した「Lotusphere 2009」カンファレンスの基調講演で、IBMは同社のソーシャルソフトウェアスイートである「Lotus Connections」の次期バージョンをプレビューした。

 Connections 2.5は、Twitterのようなマイクロブロギングの機能、FacebookのWallのような「Buzz」機能、Wikiサービスなどが追加されたのが特徴だ。また、同社のQuickrのようなファイル共有機能があり、LinkedInのプロファイルと双方向の統合も図られるなど、ほかにはない進化も見せている。ユーザーインタフェースのテーマを簡単に変更できるのも面白い。

 PCのWebブラウザはもちろん、この日、提携強化の発表があったBlackBerryのほか、iPhone、Nokiaスマートフォンもサポートするという。

 オープニングの基調講演に登場したジェフ・シック ソーシャルソフトウェア担当副社長は、Quickrとの連携でほかにはない機能を提供できると胸を張った。同氏によれば、Lotus Connections 2.5は、第3四半期に出荷されるという。

関連キーワード

IBM | Lotus | Notes | Lotus Connections | Web2.0


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -