レビュー
» 2009年01月23日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:地域医療を支える情報共有インフラ、その刷新を可能にした最新ソリューションとは?

地域医療連携のための情報共有基盤を提供する、長野県松本市の相澤病院。そのシステムインフラは年々複雑化の一途をたどっていたが、サーバルームを刷新することにより全体最適化されたシステムへと変ぼうを遂げた(提供:エーピーシー・ジャパン)。

[PR/ITmedia]

 患者に提供する医療サービスの質を向上させる取り組みの1つに、地域の医療連携がある。病院や医院の規模や得意分野に応じて患者を受け入れることで、地域の医療機関の適正化を図る試みである。そこで問題になるのが、患者の容体や治療経緯の情報共有だ。そのための情報インフラを構築しているのが相澤病院である。

 地域医療連携の中核として、情報共有の基盤を提供する相澤病院のシステムインフラは拡張を続け、複雑化、高密度化の歴史をたどってきた。しかしサーバルームを刷新し、冷気と排熱の効率的な流れを作り、電源を大型UPSに統合することで、部分最適なシステムの集合体から全体最適化されたシステムへと変ぼうを遂げた。本ホワイトペーパーではその詳細を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -