ニュース
» 2009年01月27日 14時54分 公開

期間限定の価格で:SecureTicketの代替サービス、エリアビイら提供

エリアビイとアイディーエスは、横河電機がサポートを終了したリモートアクセス認証サービス「SecureTicket」の代替となるサービスを開始した。

[ITmedia]

 エリアビイジャパンとアイディーエスは1月27日、横河電機が販売とサポートを終了したリモートアクセス認証サービス「SecureTicket」の代替となる「SWANPassport BIZ」サービスを開始した。

 SWANPassport BIZは、エリアビイのリモートアクセスサービス「SWANStor」の認証オプション機能で、携帯電話を利用したアイディーエスの認証サーバソフトウェア「MITS」と連携することで、SecureTicketと同等の認証機能を実現するという。

 SecureTicketは2008年7月までに販売、サポートが順次終了。固定ディスクやUSBキーに格納された鍵ファイルによる認証のほか、携帯電話端末による認証やリバースプロキシ、アクセスコントロール、シングルサインオンなどの多様な機能を提供してきた。国内企業で数多くの企業が利用したが、Windows VistaやInternet Explorer 7など企業導入の進むプラットフォームに対応できず、代替サービスの需要が高いという。

 2社では6月末までの限定価格として、50ユーザーライセンスを61万6000千円で販売する。

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

関連キーワード

認証 | 携帯電話 | リモートアクセス | IDS | SSL-VPN


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -