ニュース
» 2009年01月29日 20時39分 公開

クラスタ対応と管理を強化した「Samba 3.3.0」リリース

オープンソースのファイルサーバソフトウェア「Samba」の3.3系で初の安定版がリリースされた。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 オープンソースのファイルサーバソフトウェア「Samba」を開発するSamba Teamは1月27日、最新版となる「Samba 3.3.0」をリリースした。3.3系で初の安定版リリースとなる。

 最新版では、クラスタへの対応を改善したほか、Sambaファイルサーバ上でNTFSのACL(アクセス制御リスト)を保存するVFSモジュールとして、vfs_acl_xattrとvfs_acl_tdbの2つを実験的に追加した。

 管理ツールでは、netツールでKerberos認証を利用可能とした。wbinfoツールでアイデンティティマップエントリへの追加/修正/削除が可能となったほか、「net rpc vampire keytab」「net rpc vampire ldif」という2つのコマンドが追加されている。

 Winbindでは、ユーザーとグループのエイリアスへのサポートなどが加わった。新しいパラメータとして「winbind reconnect delay」も追加されている。設定では、ライブラリディレクトリからモジュールディレクトリを切り離し、idmapサービスの設定を容易にした。

 なお、tdbsamパスワードバックエンドは、仕様変更のため後方互換性がなくなった。tdbsamパスワードを利用している場合は、3.3.0をインストールする前にpassdb.tdbファイルをバックアップする必要がある。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -