レビュー
» 2009年01月30日 08時00分 公開

ホワイトペーパー:企業が「仮想化」に求める期待と本当のメリット

仮想化技術のメリットについてはさまざまに喧伝されているが、具体的に何が得られるのだろうか? テックバイザージェイピーの栗原 潔氏とNECソフトの鈴木 敦夫が対談した(提供:NECソフト)。

[PR/ITmedia]

 現在、高い注目を集めている「仮想化」技術。物理サーバー上に複数の仮想サーバーを構築して運用する手法は、サーバーリソースの統合やレガシーシステムの延命、迅速なシステム構築など、多くの点でメリットがある。また、サーバーを物理的なコンピュータと切り離して運用可能であるため、可用性の向上も期待できる。

 しかし、仮想化の導入効果に依然として疑問を抱く企業があることも事実だ。今後、仮想化の市場はどのように広がっていくのだろうか? 仮想化技術に詳しい株式会社テックバイザージェイピーの栗原 潔氏とNECソフト株式会社 PFシステム事業部 事業部長 鈴木敦夫が、仮想化をテーマに対談した内容を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -