レビュー
» 2009年02月02日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:6コアプロセッサ搭載の最新サーバがHyper-Vの能力を最大限に引き出す

6コア搭載の新しいインテルXeonプロセッサ7400番台を採用したDell PowerEdge R900サーバと、4コアを搭載したサーバをHyper-V仮想化環境でテストし、比較してみた。果たして、どの程度の性能差があるのだろうか? (提供:デル)

[PR/ITmedia]

 「サーバ仮想化ソフトウェアと、マルチコアプロセッサを搭載する昨今の業界標準サーバを組み合わせると、効率性に優れたソリューションになる」という事実は、今や多くのIT組織にわたって広く認識されつつある。そこでデルでは、6コアを搭載した新しいインテルXeonプロセッサ7400番台を採用したDell PowerEdge R900サーバと、4(クアッド)コアを搭載した前世代のインテルXeonプロセッサ7300番台を採用したサーバを仮想化環境でテストし、両者の性能を比較した。

 今回、これらのサーバ上で多数の仮想マシンを稼働する際、サーバ仮想化ソフトウェアとして使用したのがMicrosoft Windows Server 2008の「Hyper-V」である。その結果、インテルXeon7400番台プロセッサ(6コア)搭載のDell PowerEdge R900は、4コアのプロセッサを搭載したサーバの性能を上回っただけでなく、エネルギー効率(ワット性能比)にも優れることが確認できた。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ