ニュース
» 2009年02月05日 21時43分 UPDATE

日立情報通信エンジニアリング、テンシリカとLSI開発で協業

日立情報通信エンジニアリングは米テンシリカとLSI開発で協業する。開発プラットフォーム「LogicBench」との連携を強化し、開発スピードを向上させるという。

[ITmedia]

 日立情報通信エンジニアリング(日立JTE)は2月3日、LSI開発で米国のテンシリカと協業することを発表した。テンシリカのLSI開発において、日立JTEが提供する開発プラットフォーム「LogicBench」との連携を強化するという。

 テンシリカのコンフィギュラブルプロセッサコア「Xtensa」の開発環境とLogicBenchとの間でトランザクションレベルの通信が可能になり、コンフィギュレーション条件や、ユーザー定義の拡張命令の評価・検証を短縮できるのことだ。

090206jterety.jpg 日立JTEの資料より

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -