ニュース
» 2009年02月06日 18時44分 UPDATE

「Fedora 11」α版がリリース、ext4が標準ファイルシステムに

「Fedora」最新版ではext4を標準ファイルシステムに採用、「btrfs」ファイルシステムもサポートする。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 Red Hatが支援するFedora Projectは2月5日、最新のLinuxディストリビューション「Fedora 11」のα版をリリースした。標準ファイルシステムに「ext4」を採用した最新版で、開発者にテストを呼びかけている。

 Fedora 11は開発コード名「Leonidaas」を持つもので、開発チームは「Fedora開発ブランチであるRawhideのクリーンなスナップショット」と位置付ける。32ビット/64ビットのIntel互換プラットフォーム、およびPowerPCで動作する。

 最新版は、ext4を標準ファイルシステムに採用、1月にLinuxカーネルの開発版に統合された「btrfs」ファイルシステムもサポートする。標準VNCとして「TightVNC」を採用、MinGWプロジェクトで開発されたWindowsプログラム用コンパイラ「Windows Cross Compiler」、イベント追跡機能をSystemtapに追加する「Systemtap Static Probes」、ファームウェアのオンデマンドインストール機能「PackageKit」なども提供する。

 標準のデスクトップ環境は「GNOME 2.26」、このほか「KDE 4.2 RC2」「Xfce 4.6」(β)などにも対応する。「Python 2.6」「NetBeans 6.5」なども含まれる。

 今後のリリーススケジュールは、3月末にβ版を、5月中旬に正式版をリリースする予定だ。

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -