ニュース
» 2009年02月09日 18時03分 UPDATE

Qt Software、「WebKit」統合を強化した「Qt 4.5」RC版リリース

Nokia参加のQt Softwareが、ブラウザエンジン「WebKit」の統合を強化したクロスアプリケーションフレームワークの最新版を発表した。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 フィンランドNokia傘下のQt Softwareはノルウェー時間の2月5日、オープンソースのクロスアプリケーションフレームワークの最新版「Qt 4.5」のリリース候補(RC)版を公開した。同社Webサイトでダウンロードできる。

 Qtは、ノルウェーTrolltechが開発するC++のGUIフレームワークで、クロスプラットフォームを容易に開発できる。2008年にNokiaがTrolltechを買収、その後、Qt Softwareにブランド名を変更して展開している。

 最新版では、ブラウザエンジン「WebKit」をアップデートし、Qtとの統合「Qt WebKit」を強化した。WebKitの最新機能をフルで活用できるという。また、主要なコンポーネントを再構築し、新しいベンチマークライブラリを導入することで、ランタイムの性能を改善した。

 Macプラットフォームは、COCOA APIの利用により64ビットアプリケーションに対応する。スクリプトエンジン「Qt Script」にデバッガが導入されたほか、「Qt Designer」も強化されている。プロキシサポートの改善、XSL-Tのサポート、「OpenDocument Format(ODF)」サポートなども特徴。

 Qtは今年1月、オープンソースライセンスとして、GPLに加えてLGPLオプションを提供する計画を発表している。QtによるとLGPLの採用は正式版からで、今回公開されたRC版ではGPLのみとなる。正式版は3月に公開予定。

関連キーワード

Qt | WebKit | Nokia(ノキア) | GUI | オープンソース


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -