レビュー
» 2009年02月10日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:サーバ仮想化とストレージ仮想化の相乗効果が、劇的なコスト削減を実現した

ベンダーロックを解消し、仮想化技術をフルに活用して挑んだサーバ統合&ストレージ統合が、ユーザー主体の構築/運用/保守を可能にした。劇的な運用コスト削減を実現した先進事例を紹介する(提供:パナソニック電工インフォメーションシステムズ)。

[PR/ITmedia]

 三菱UFJフィナンシャル・グループにおける金融ITの開発・運用・保守を一手に引き受けるUFJIS株式会社は、IT投資効率の最大化を実現するため、アジアで初めてブレードサーバ「Egenera」を導入し、さらにその仮想化技術によるスピードを生かすため、仮想化ストレージ「3PAR」を選択した。

 サーバとストレージ双方の仮想化を選択した同社は、システムのスピード導入と運用効率アップを実現しただけでなく、ストレージ関連コストの大幅削減にも成功した。本ホワイトペーパーでは、こうした同社の先進事例を紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ