ニュース
» 2009年02月10日 14時18分 UPDATE

WSO2、コンポーネントSOAフレームワーク「Carbon」を発表

OSGiをベースとしたコンポーネント型SOAフレームワーク「WSO2 Carbon」がリリースされた。WSO2以外のOSGiベースのコンポーネントにも対応、必要に応じてミドルウェアをカスタマイズできる。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 オープンソースのSOAベンダーWSO2は米国時間の2月9日、最新のSOAフレームワーク「WSO2 Carbon」を発表した。OSGiをベースとしたモジュラーアーキテクチャを特徴とする。開発者は必要なコンポーネントを容易に実装でき、SOAプロジェクトを高速に進められるという。

 Carbonは、土台のモジュラー技術にOSGi仕様を採用したコンポーネント型SOAフレームワーク。「Apache ODE」「Axis2」「Synapse」「Tomcat」「Axiom」などApache Software Foundationの技術をベースとしており、「Microsoft Active Directory」とLDAPのサポートなどの特徴もある。一貫性のあるSOAプラットフォームの構築とコンポーネント間の機能共有を定義することで、開発者はWSO2のミドルウェアコンポーネントを必要に応じて追加できるという。

 arbonベースの製品として、Webサービスアプリケーションサーバ「WSO2 Web Services Application Server(WSAS)3.0」、ESB「WSO2 Enterprise Service Bus(ESB)2.0」、レジストリサーバ「WSO2 Registry 2.0」、初のBPM「WSO2 Business Process Server(BPS)1.0」の4製品も併せて発表した。

 Carbonフレームワークにより、WSASとESBを別々にダウンロードして実装する代わりに、ESBをベースにWSASの中から必要なコンポーネントを追加できるという。Carbonは、WSO2以外のOSGiベースのコンポーネントにも対応しており、必要なタスクにあわせてプラグアンドプレイでミドルウェアをカスタマイズできるという。

 WSAS 3.0、ESB 2.0、Registry 2.0、BPM 1.0は、同社Webサイトから無償でダウンロードできる。ライセンスはApache License 2.0。

関連キーワード

SOA | ESB | フレームワーク | OSGi


Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ