レビュー
» 2009年02月12日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:三井ホームがメールサーバ、アーカイブをアプライアンスで刷新!

メールサーバへの負荷増大や膨れ上がるメールアーカイブに悩む大手住宅メーカー。これらを一挙に解決すべく、同社はメール環境の前面刷新を決断した(提供:シーティーシー・エスピー)。

[PR/ITmedia]

 アカウント数の急増とメール流量の増大により、サーバの障害やアーカイブのキャパシティー超過に苦慮していた三井ホームは、2008年7月に老朽化したメールシステムを全面刷新。メールサーバ「Message Server 6000-SAN Edition」をN+1で冗長化するとともに、メールアーカイブ「RazorSafe 370」を併せて採用。メールサーバの性能向上とアーカイブの完全性を両立する次世代のメッセージング環境をいち早く構築した。

 同社はなぜミラポイントのアプライアンス導入に踏み切ったのか? その理由に迫る。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -